TIRA

Traumatic Incident Reduction Association

Kazue Minamori, Certified/Accredited TIR Trainer, Certified Life Stress Reduction Trainer

trainer's picture

An Interview with Kazue Minamori:

VV: How long have you been a TIR trainer?

Kazue: I completed my TIR Trainer Certification and also Life Stress Reduction Trainer Certification in April 2009

VV: What inspired you to become a TIR trainer?

Kazue: When I first visited my facilitator in 2007, I had very huge difficulty with PTSD symptoms. After I had an intake session, we discovered a number of traumas which affected my whole life. My ordinary life was troubled and bothered by these traumas, and I carried a burden I could carry no longer.

I had sessions every day. My facilitator had a tremendous patience and deep understanding about my situation, and especially good recognition of the difficulties faced by clients like me.

One day, with the oldest and biggest trauma gone, I suddenly spilled tears while I was driving a car on the way back from the session to my hotel. At that moment I found I was no longer carrying any burdens or the feeling of being a victim. I was climbing a slope, and big wide blue sky was in front of me on the top of the slope. That is the most beautiful and blue sky I have ever seen. I found that my all feelings were now free and fully functioning.

When I found out that I had PTSD, I could not find any hospital who would take responsibility to cure me. In one of the most famous hospitals I was told that, "We are not able to do anything for you." There was a doctor who was contracted with my company; he told me, “You should check US facilities. Because of war, they developed many new methods.” That was the start. I did not have enough English ability to get treatment in USA; I spent a lot of hours reading websites googled by key words “trauma” “PTSD” etc. And finally I found the very good site of “TIRA”, the Traumatic Incident Reduction Association, and decided to attend training, having no knowledge about the organization. I had some concern about it.

After I found out all the worries which I had about the organization were groundless apprehensions, I asked to find out someone who will help me take care of my trauma. I was looking for a kind person who voluntarily takes care of “the person who is not fluent in English and knowing nothing about TIR coming from Far East only for reduction from TRAUMA”. At that moment my facilitator thought I am a brave woman. Because of her marvelous sessions, I could get new life and purpose for living. And biggest point is that I could not understand everything the facilitator was saying, nor could she always understand my words. (My English has much improved since those days.) The TIR sessions worked perfectly without full verbal communication. We were engaged, heart and soul. TIR makes it work. That is the most beautiful point of TIR.

I had spent only 2 weeks or so working in session on my “big catalogue of Trauma”. I got back to Japan without feeling anything burdening me. And I decided to study TIR for other Japanese people who have traumas, and PTSD. That is the best way to pay back my luck.

VV: What do you find rewarding about it?

Kazue: In the Japanese way of thinking, trauma is easily misunderstood as being that the person is incapable of self conditioning or has a lack of effort to change the situation. But, trauma is something which the person who had it would not be able to remove by themselves.

TIR is brief and done in well managed sessions and incredibly effective. TIR can help a lot of people who now feel misunderstood by family and friends because of the burden of grief they are carrying. Many people turn to medication because they are not aware of any other possible solution to their pain. Holding such pain inside tends to perpetuate it. A TIR session is a safe space to face and release the pain of past traumas without fear of consequences.

It is very sad when people avoid seeking help because they do not wish to be stigmatized as a "broken human being". The truth is, all people have trauma, pain and loss at some point in tier lives. When we have a tooth ache, we go to the dentist. It would be silly not to. In the same way we can go to a TIR facilitator when we are experiencing pain from a traumatic event, especially since a particular trauma is usually hadn't to the client's satisfaction in one session

TIR is a very effective and strong process; it requires the ability to build a strong engagement with client in short term. Even though the method seems simple, it requires good training and supervised experience. To ensure good results for clients, training , supervision, and practice are required.

VV: Are you willing to travel to deliver training and if so, under what conditions?

Kazue: I will go anywhere to provide TIR trainings including abroad even if your country is under very difficult situation and there is any chance for me to help the people who are living with heavy Traumas. In the case of providing training other than Tokyo, I need to ask you to gather at least 8 students, to pay the regular training fee plus accommodation and transportation. Please contact by E-mail for further information.

VV: Describe your professional background?

Kazue: I have some years experience in a number of forms of counseling. Besides giving TIR sessions, I do career counseling for all ages, and advising on resumes. I have licensing as an Industrial Counselor and a Career Counselor in Japan and have taken the National Social Worker Test and the National Psychiatric Social Worker Test.

VV: Are there other TIR/Applied Metapsychology Courses you are currently teaching?

Kazue: Traumatic Incident Reduction Workshop (Both Japanese and English)
Life Stress Reduction - Case Planning Workshop and the TIR - Expanded Applications Workshop (English only).
Note: I am not a native English speaker

VV: トレーナーになったのはいつですか

Kazue: 2009年(平成21年)4月にTIR Trainer CertificationとLife Stress Reduction Trainer Certificationの認定を受けました。

VV: トレーナーになろうと決心したのはなぜですか

Kazue:   2007年にアメリカに治療に渡ったとき、私は職場のパワーハラスメントによるPTSDの明確な症状の他、インテークで存在に気がついたたくさんのトラウマに手足をとられ、身動きがとれなくなっていました。原因不明の腹痛が続き、人が怖くて電車に乗れない、男性の大きな怒鳴り声を聴くと吐くなど、日常生活は困難を極めました。

それでも、米国に渡りセッションを始めて2週間ほどがすぎたある日、突然、私は自分がもはや何の重荷もつらさも背負っていないことに気がつき車を運転しながら、声を上げて泣きました。ホテルに帰る途中、坂をあがりきったところで、坂の向こうに広がる夏の終わりの青く高い空をみて、心の底から「なんて青い空なんだろう..」と思った時で、それは、私の心が自由になった瞬間でした。一生に見た中で、あの空の青さは特別なものでした。

当時、日本にはトラウマを専門に治療をしてくれるところはなく、病院を訪ねてもできるかもしれない、できないかもしれない、できたとしても長くかかると言われました。とある有名病院では「あなたにしてあげられることは何もない。鬱病でもないし、他の精神病もない。ただ、深く傷ついただけだから、時間が解決するでしょう。がんばってください。」と言われました。

その当時の勤務先の産業医から、「アメリカにはアフガン、イラクと続く戦争の結果、治療方法がたくさんあるようだから、英語ができるならその方法もあるね」と言われて、調べて調べてやっと見つけ出したのがTIRでした。本部に連絡をして、私の治療を引き受けてくれる人を探して、結局、「極東からあまり英語もできず、何もわからないのにやってくる、ものすごく無謀なPTSD持ちのクライアント」である私を引き受けてくださるファシリテータを紹介してもらいました。セッションによって回復した私は、新たな人生と命をかけるに値する目的を得ました。

米国でセッションに費やしたわずか2週間で、トラウマのカタログかと言われるほど多種多様な原因から生じた心の傷から自由になったことで、なんとしても、これを日本に持ち帰りたい、日本で私と同じように苦しんでいる人たちを救いたいと願い、資格を取得しました。

特筆すべきは、当時、私の英語力では、セッション中の会話において、ファシリテータとのコミュニケーションが完全だったとは全くいえないことです。つまり、「話あう」というコミュニケーションでトラウマから脱出したのではなく、TIRの構造がもたらす強い心のつながりがそれを可能にしたと私は実感しました。それが、TIRの安全性の元であり、私が経験したことのないV字回復の理由でした。

VV: それは、あなたにとってどのような価値のあることですか

Kazue:  日本では、心の傷というと、弱さの表れだとか、頭の切り替えが悪いとか、精神論でぐいぐいと押され、自分のつらさをますます抱え込まなければならなくなるような体験をすることがあります。私自身も自分自身の責任であると繰り返し言われました。今、トラウマケアの実践をするようになってはっきりわかったことは、本人の努力でどうにかできることは少ないということです。

トラウマは誰にでもあります。それが、日常生活に影響するレベルかどうかの違いだと私は思っています。先に、何らかの傷があれば、新しく負った傷が小さくても、トータルで大きな打撃になることもありますし、一度で一生を左右するような大きなトラウマを背負うことになる人もいます。私も、海外で死にはぐった経験は、日常生活を妨げるレベルではありませんが、一生忘れることはないと思います。忘れることを目指すのではなく、その経験を経た自分で、より豊かな人生を生きることができるようにすることができるのがTIRであり、それを日本の人たちに提供できることは本当に意味があることです。

つらさを忘れて歩き出せないのは、弱いからではありません。心が柔らかで、深い傷を負ってしまったからかもしれません。TIRでは、トラウマはまるで、目の上のたんこぶのように両目の間から眉間のあたりにどっかりとへばりつき、私たちの視界を妨げ、判断を鈍らせ、時には判断すること自体を難しくする場合すらあると考えています。ですが、私の経験では、それが、生死を分けるような体験はもちろん、職場や学校でのハラスメント、いじめ、家庭内の問題、異性との問題、なんであれ、きちんと正しいやり方で対応すれば、そのつらさが日常生活に影響するレベルから忘れはしないものの影響の生じないレベルまで低減させることができるかもしれません。

自分が体験したからこそすばらしさを理解しましたし、だからこそ、日本で困っている人たちを助けたい、そう感じることができたことが全てのスタートです。

VV: トレーニングのために地方に行きますか。それはどのような条件で可能になりますか。

Kazue:    地方に出向いてトレーニングを行うことは可能です。その場合は、8人以上の参加者がいることが前提となり、トレーニング料金の他に、トレーニング初日前日から最終日翌日朝までの宿泊費と、交通費のご負担とトレーニングに使える会場の手配をお願いいたします。詳しくはメールにてお問い合わせください。

TIRは非常に強力で効果のある方法ですが、前提として、短い時間でクライアントとの間に強い関わりを築く技術が必要になります。カウンセリングの実務の経験がない方が、ただやり方だけを勉強してもうまくいかない場合があることも指摘されています。トラウマ自体が、ご本人にとって非常に重たくつらいものであることから、しっかりしたカウンセリングの基礎がない方にお教えして、セッションがうまくいかず、さらにビューワー(TIRではクライアントをこう呼びます)を追いつめる結果になっては大変です。そのため、トレーニングの参加に当たっては、セッション提供時間や実務経験など参加資格の審査をさせて頂く場合がありますので、ご了承ください。

VV: トレーニングの他、個人セッションも行っていますか

Kazue:  個人向けのセッションも行っています。料金はお問い合わせください。

VV: TIR に加えて、他にどのようなものに興味を持っていますか。

Kazue:   「人は幸せになるために生まれてきます。」

 今がどんなにつらくても、自分次第で、必ずつらさから抜け出せるものだと私は経験してきました。「明けぬ夜はない」「止まぬ雨はない」「抜けられないトンネルはない」これらの言葉を繰り返し繰り返しつぶやきながら、長い夜も越えてきました。

今、つらい誰かのために、よりよい援助を提供できるような人間でいるため、色々なことに興味を持ち、勉強の機会を求めています。特に自分自身のバックボーンとするため、弘法大師の教えを勉強しています。

VV: 職歴について記述してください。

Kazue:  色々な仕事を経験しています。個人で紹介を受けた方にTIRセッションを提供するほか、もともと続けてきた相談業務、特にキャリア・コンサルティングには自信があります。直近では、ハローワークでキャリア・コンサルティングを提供し、4割以上の方に就労して頂くことに成功しました。応募用のレジュメの添削、応募案件の探し方などの細かなコンサルティングには定評があります。

1998年から始めていた中小企業向けの相談業務の質を高めるため、産業カウンセラー、キャリア・コンサルティング技能士2級、社会福祉士、精神保健福祉士などの資格も取得し仕事を続けています。

VV: 現在教えている他のTIR関係のコースがありますか。

Kazue:   現在は、すでにある程度の時間数のカウンセリング、コンサルティングの経験がある実務家の方むけに、Traumatic Incident Reduction Workshopを日本語と英語で提供しています。
Life Stress Reduction - Case Planning Workshop、TIR - Expanded Applications Workshopの二つについては、日本語のマニュアルが準備でき次第、提供の予定ですが、現在は予定はなく、英語のみになります。
ただし、英語はネイティブではありません。

Available Workshops

Calendar last updated on 7/29/2016
DateLocationRegistration

No dates currently available. Please contact trainer for schedule and availability

© Traumatic Incident Reduction Association. All rights reserved.